はぴねすくるー

恋愛も、家族も、仕事も。全部楽しみたい人の為の欲張りな生き方推進委員会。

2017年は激動の変化の1年。何も後悔はない。

f:id:uuvum35:20180207111641p:plain


こんばんは。ゆとりキャリア女子*有栖さおりです!

今日は2017年最後の日。

皆さんにとって、2017年はどんな年だったでしょうか。

 大人になるにつれて年の流れが早くなるとはよくいうもので、あっという間に1年が終わってしまっていたという人も少なくないのではないかと思います。

 

私自身、近年は日常のやらないといけないことに追われて、時間の流れが早くなっているように感じていたのですが、

じっくりと振り返ってみるとまだたった1年しか経っていないのかな?と思うくらい充実した1年間でした。

一言で表すと、

「激動の変化の年」

という表現が1番しっくりくるのではないかと思います。

 

いろんな変化があり、劇的に自分の見える世界や考える物事が変わっていき、そのことに対して喜んだり、現実についていけなくてもがいたりする中で、本当に気づきが多く、忙しい年でした。

 

簡単に有栖さおりの2017年を振り返ってみた

どれくらい激動だったのか、簡単に振り返りをしてみました。

 

1月

海外に行ったことで、自分の見える世界の小ささを知る。

もっと自由に広い世界で生きたいと思うようになる

 

2月

社長賞の為、全力で仕事をやることを決め、仕事が軌道に乗る。

少しだけ調子にのる。

 

3月

社長賞を目前で自分の感覚を信じられず、社長賞を逃す。

 

4月

付き合っていた彼氏と同棲を開始する。

上司とそりが合わず、自分で自分を追い詰め精神崩壊。会社を辞める決断をする。

この時、ライターを志す。

 

5月

退職したいと告げるが、尊敬する部長と話したことでこの人についていきたいと思い、会社に残る決断をする

 

6月

部長の直属に置いてもらい、少しずつ笑って仕事ができるくらいまで回復する。

部長の為に結果を残したいと思い、部長の為に頑張ると腹を決める。

 

7月

部長と出張に行った時、初めて本当の意味で心を開き対話する。

「お前がスポットライトを浴びていい」と言われ、号泣。

誰かの期待に添わず、自分の人生を生きることを決める。

初めて新規のお客様でのご契約をいただく。

 

8月

初めて自分ひとりで交渉に行く決断をし、勝負をする。

仕事が楽しくなり、この会社で生きていこうと決心する。

 

9月

契約を重ね、主任になることだけを見てひたすら仕事をする。

毎日誰かと会い、いろんな感覚を得ることだけに集中する。

彼氏とそりが合わなくなり、同棲を一時解除する。

 

10月

入社1年半で主任職を任される。

私オリジナルの方法でご契約をいただく。

この方法で自分の世界観を貫くことを決める。

ブログでの発信を再開。

 

11月

主任の重圧とオリジナルの方法があまり評価されないことで迷いだす。

彼氏と完全にお別れをする。

会社の人とうまくいかず、自分の生きている意味を見失う。

車を買い、いろんな人に会いに行くようになる。

 

12月

いずれ独立することを決め、今は準備期間とする。

世界で活躍する人になることを決める。

 

 

振り返ると決断が多い1年だった

どうしてこんなに激動だったのか、考えてみると、とても決断が多い1年間でした。

いろんな感覚に触れることで感じるものが増え、自分の価値観が変化するにつれて、いろんな決断をしてきました。

 

仲のいい友達には1か月ごとに人格が変わるといわれるほど。

同じ状態でいることを避け、常に変化を求めている状態だったと思います。

 

本当に楽しく、そして苦しかった。

もがいてもがいて、迷って悩んで考え抜いた。

そんな時間が多かったような気がします。

 

 

重要なのは自分の人生を自分で決めること

1番の転機として思うのは、尊敬する部長に

「お前が主役になってスポットライトをあびていい」

と言われたことだったと思います。

 

もともと自信がない私は周囲の期待を感じて行動したり、空気を読んで自分のキャラや立ち位置を決める癖がついていました。

 

結局はすべて流されて自分の人生でありながら自分の時間を生きてはいなかった。

だからなんでも悪い方向になった時に誰かのせいにして、

自分を正当化し、いつまでも変わらない事実について悩んでいた。

 

でも、そういわれて自分自身と向き合ってみると

本当は自分の望むように自由に生きたくて

自由に生きている自分が好きで、

主役としていきいきしていたいって気づいた。

 

きっとそういう気づきがあったから、そのあと自分で決めることを重要視していたんだと思います。

自分で決めたことは後悔しないし、どんな結果であれ受け止めるしかないし、

だからこそ次に進めるんだと思う。

 

友達によく

「会うたびに人格が変わってるし、考え方も変わっている」

って言われるんですが、振り返ってみると本当にその通りだと思います。

 

その時に1番いいとおもったものを素直に選んで、

いろんなものに影響され試してみているから客観的に見るとそう見える。

 

けど、結局私の根本は何も変わってない。

私にとっては目的は変わらず、手段が変わっているだけのことだったんです。

 

 

何も後悔していない最高の1年だった

この1年、楽しいこともたくさんあったけど、

たくさんたくさん苦しみました。

でも、その時その時に自分で自分の道を選んできているから

この1年でやり残したことも後悔も一切ないと言える。

 

長い長い1年でしたが、この1年は私の人生にとって重要だったと思います。

どんどん変わっていける自分であれて本当によかった。

 

来年は今年以上に変化し、革新的な1年になるよう、楽しんで過ごしたいと思います。