さおたむの激情派劇場

道なき茨道を超絶幸せに爆走する生き様を。

何を捨て何を得るか。残ったものが自分の道となる。

f:id:uuvum35:20181011164346j:image

ふと考えたこと。

 

 

去年の今頃、私はまだ大学生。

授業もそんなに残ってないしやることなんてなんもない。

 

毎晩のように朝までのんで元気に騒ぎまくって夕方まで寝る!

 

そんな生活してました。

 

 

その学生気分は社会人になったところですぐに抜けるわけもなく…笑

 

 

社会人なりたての頃も平日だろうが飲みにいって、終電逃すなんて当たり前で、二日酔いで吐き気しながら仕事して、懲りずにまた飲みに繰り出して……

 

 

よくそんなんでお給料もらってたなって思います。。。

今となっては会社に申し訳ない気持ちしかありません。

 

 

入社3日目から宴会して

寝坊ギリギリとかいう調子のった学生気分の新入社員。

 

 

ほぼまる1年たった今は

そんな新入社員も大人しくなりました。

 

 

仕事が終わったら自主的残業して

まっすぐおうちに帰って

ご飯食べてお風呂入って

少しだけぼーっとして寝る

 

休みの日も仕事いれて

いつも頭ん中は仕事でいっぱいで

飲みなんてほぼいかないし

ご飯もいったりあんまりしないし

アフターファイブなんてないし

 

 

朝まで飲むとか言語道断。

 

前はめっちゃ買い物しまくってた時期も

あったけども(物欲止まらなかった)、今は買い物する暇すらない!!!

 

休みあったならゆっくり過ごしたい。

 

 

ふと振り返ってみると

あれ?華の22歳をこんなつまんなく

過ごしていいんだろうかとか

ちょっと思うくらいの生活をしています。

 

 

この数ヶ月くらいを振り返ったら仕事のことばっかりしか思い出さない…。

 

営業っていうと

大変だけど自由きくしキラキラしてて、わいわいしてるイメージだったけど全くそんなことはない。

 

 

そんなのは売れてる人だけ

 

なんで働いてんのかって??

数字の為です。本当に。

 

 

数字がないなら営業職は働いてないのと一緒になっちゃうから。

 

今は数字を追いかけてるというより、数字に追われてる状況。

 

 

きっと周りの同世代の女子からみたら何が楽しいんだろうって思われるだろうなぁ

 

 

それでもね、

楽しいから辞めれないんです営業の仕事って。

中毒性がある。

 

契約なった時の喜びが半端ではない。

自分も嬉しいし、お客様も笑顔だし、

会社の人も家族も友達もみんな喜んでくれる。

 

 

 

しかもキラキラした売れてるかっこいい人みてると

いつか自分も絶対そこに行きたい

あんな生き方したい

って毎日毎日思わされる生活です。

 

 

やめて他の職……

なんてなかなか考えずらい。

 

 

 

だから華の20代は仕事の為に使うって決めています。

 

 

30代で同世代よりキラキラするために

 

 

でも私わがままで欲張りだから、20代楽しむことも諦めていません。

 

 

仕事もプライベートも

どっちも諦めつかないなら

人より頑張って自分の時間削って

どっちも掴みにいくと

こういう生活になるらしいです。

 

 

だから最近会いたくない人には会わないし

会っても楽しくない人とか

会ってもいいことない人とか

絶対あわないようにしています。

 

会う人すらも取捨選択。

 

自分の時間に対する感覚が変わったと思います。

 

 

 

無駄を削ぎ落としていって

残ったものだけがきっと大切なもの。

 

 

これが今の私の生き方。