さおたむの激情派劇場

道なき茨道を超絶幸せに爆走する生き様を。

サラリーマン必見!こんなにも搾取されている事実に早く気づいた方がいい。

f:id:uuvum35:20180213154839p:plain

 

ゆとりキャリアライター*有栖沙織です。

サラリーマンの皆さん!今いくつ収入源を持っていますか?

ほとんどの人が会社からの収入1本に頼っているような状況ではないでしょうか。

 

それ、危険だと気づいていますか?

 

 

私は最近、居酒屋のバイトを週4ほどやっております。

もうサラリーマンとライターと居酒屋ホールの3足のわらじというよくわからない状態です(笑)

 

バイトといっても収入源を得る目的というよりは、

将来自分の飲食店を持ちたいという夢があるので、その時のために知り合いのオーナーの店で経営者側の視点も垣間見れればいい経験になると思い、たまに携わっている形です。

 

ライターもまだ生活できるほどの収入は正直得れていないので、

今現状としては将来的にお金を稼ぐ手段を多くするための下積みという状況です。

 

ただ、そんな日々で最近本当に身に染みて実感していることがあります。

 

お金を稼ぐのって本当に大変だ!

 

自分の労働力と時間には限界がある

結局、サラリーマンもそうですけど自分の労働力や労働時間を会社に提供することによって、収入を得ているわけです。

けれど、労働できる体力も時間も限界があるわけです。

 

だから労働収入を増やす方法って限られていて

  1. 労働時間を増やすこと
  2. 自分が提供できる価値を高めること

これしかないんですよね。

ただ、価値を高めるのってもともと天賦の才があればいいんでしょうけど、それがなければ経験の中で積み重ねていくしかないわけで、結論としては時間がかかるものなのです。

 

 

今あなたの1時間はいくらで買われていますか?

サラリーマンだけやっていた頃、月額で毎月決まった金額が支払われるので、あまり意識することはなかったのですが、ライターやバイトをし出して本当に感じます。

 

私は今、時給いくらで働いているんだろう、と。

 

ライター職の時給

現状では1文字1円で3000~4000文字くらいの案件を多く受けています。

3000~4000文字というと、だいたいこのブログの1記事がそれくらいの文字数になっております。

適当に書こうと思えばそれこそパパっと終わらせてしまうこともできるのですが、大事なのは

私自身の記事の価値を高めてリピート率と単価を上げること

なので、3~4時間はかけてじっくりと書きます。

 

つまり私のライターとしての仕事は時給1000円となります。

 

 

居酒屋バイトの時給

こちらに関しては個人的な勉強がメインになるので、バイト代はいらないと言っているのですが、毎回日給を多少いただいております。

最初は3000円だったのですが、最近は5000円にアップしました(笑)

 

肝心の労働時間はというと、だいたい10~12時間程度です。

 

つまりバイトは時給250円~500円となります。

 

これだけ見ると低すぎって思われるかもしれませんが(笑)

私自身はもともと収入減として考えておらず、勉強させていただくことや気づきが多すぎるので、お金に関しては全く不満がありません。

逆にありがたいくらいです(笑)

 

 

あなたの今の時給、知っていますか?

自分が今時給いくらで働いているのか考えたこと、ありますか?

大体の人が、「お金が欲しい」とか「収入を増やしたい」とかいいながらも、お金のことに無頓着で、自分の現状を知らない人が多いです。

 

まぁ現実を見たくないというのもあるかもしれませんが(笑)

 

私の1か月分の時給を計算してみた

こちらが前年度11月分の私の給料の詳細です。

基本給 控除合計額 差引支給額
270000 52285 225295

 

基本給が額面、支給額が手取りということになります。

 

月曜日から土曜日まで仕事なので26日間、

平均8時半~7時半まで会社にいたので1日11時間勤務となります。

単純に1か月の勤務時間286時間ですね!

 

そこから算出したサラリーマンの時給788円!!

 

実際、ボーナスとかも入れるとまた変わってはきますが。

現状だと私の1時間は788円で買われていることになります。

 

 

知ってる?サラリーマンはこんなにも搾取されていた!!

サラリーマンは自分達が思っている以上にいろんなものを当たり前に搾取されています。

仕事柄、いろんな方と会う中で、あまり知らずに日々働いている方が多すぎる為、その事例について上げていきます。

 

その1:税金

皆さんもご存じだと思いますが、基本給と実際に支給される金額が異なります。

それは社会保険料と税金が天引きされているからです。

 

例えば、年収500万の人であれば、引かれ物は合計すると100万円を超えます。

社会保険料 所得税 住民税 合計
624750 143000 251500 1019250

 

そのため、500万の年収と言えど、実際に受け取る額は398万円ということになります。

また、年収が上がれば上がるほど、天引きされる金額も上がっていくシステムになっています。

 

努力して収入を上げる分、納税が高くなるのであれば税金は成功に対する罰金とも言えると私は考えています。

 

 

その2:自由

サラリーマンは会社に勤めているという状況の人がほとんどですよね。

そうすると、毎日会社に行くか、会社で行かなければいけない場所に行くということです。

時間も決められていますよね。

しなければいけないこともある程度定められていると思います。

 

だから自由が制限されます。

自分が自由に使える時間も、住む場所も、会う人も。

自分ひとりで決めれることなんて少ないんですよね。

 

それが当たり前で生活していると気づかないですが、60歳まで働くと考えると人生の大半の自由を仕事がうばっているのだと感じるのではないでしょうか。

 

 

その3:考える思考

サラリーマンはほとんどが労働収入です。

自分の労働力と労働時間によって収入を得ていきます。

1日のほとんどを仕事のために使います。

あわただしく、1日を終えている人が大半だと思います。

 

そうすると、ゆっくりと自分自身と向き合ったり、将来のことについて考えたり、自分がやりたいことを探したりする時間ってあんまりないんです。

 

仕事の時間は仕事に追われ、残業をし、帰ったら疲れを癒し、次の日のことを考え就寝する。

休みの日は普段できない自分の趣味にいそしんだり、家族サービスをしたり。

 

将来のことなんて考えなきゃいけないのは分かっていても、今目の前の現実をクリアしていくことに必死で、そんな余裕がない人がほとんどだと思います。

 

思考の時間を奪われていることが人生にとって何よりも危険です。

 

 

まず気づくこと。そして何をするのか。

自分自身の現状、振り返ってみると当たり前に過ごしている日常でも気づきがあります。

そんな些細な大事なことにも気づかないくらい日常に忙殺されては人生もったいないです。

 

まずは少しだけでも自分自身の今を見直す時間を作りましょう。

 

「自分の人生、本当にこれでいいのか」

「本当は何をやりたいのか」

「このまま自由を夢見て60歳まで過ごしていいのか」

「将来、自分はどうなっていくのか」

 

年齢を重ねていってしまった後、後悔しても遅いのです。

 

いろんな気づきがあったら、あとは何をするかです。

 

 

 

皆、生まれた時は何も持っていませんでした。

 

時間だって1日24時間の中で生きています。

 

脳みそも1つしかありません。

 

 

では、自由な時間も収入も持ち合わせている人と普通のサラリーマンは何が違うのでしょうか。

 

才能でしょうか。もともとの環境でしょうか。

 

たしかにそれもあるかもしれません。

でもそれが全てではありません。

 

 

 

時間がある人は時間の作り方を知っているだけです。

 

お金を持っている人はお金が自分の元に入ってくる方法を知っているだけです

 

 

つまり、方法を知らないから、今の現状が変わらないだけなのです。

 

 

知った上で踏み出す勇気さえあれば、人生はいつでも180度違う景色にすることができます。

 

 

私自身、人生を変えたいと思っている

今の人生も本当に毎日楽しく過ごしていますが、それでも私はまだまだ違う景色が見たいと思います。

こうやって現状ときちんと向き合うと特に思うのです。

 

生きているあいだに自分がやりたいと思ったこと、全部叶えられるだけの選択肢がほしいと思います。

 

 

無謀って思われそうですが、結構本気です(笑)

 

だって、ただ毎日働くよりもそっちの方が楽しそうじゃないですか?

 

だから今いろんな取り組みを実は水面下で進めています。

サラリーマンとして頑張っているのに、日々搾取され続けている人にもっと違う世界を魅せれるような企画になるよう、おもしろいチャレンジにしていきます(笑)

 

 

最後に

この記事を開いていただいたということは今サラリーマンとして働いていて、何かしら感じるものがあったのではないかと思います。

意識的であれ、無意識的であれ。

 

せっかくの機会なので、ぜひこの機会にあなたの今も人生設計も見直してみればいかがですか?

 

未来はまだ何も決まっていません。

未来を決めるのは今のあなた自身です。

 

 

 この記事を読んでくれた方へ有栖沙織からのおススメ記事

 

uuuvum1221.hateblo.jp

 

 

uuuvum1221.hateblo.jp

 

 

uuuvum1221.hateblo.jp