さおたむの激情派劇場

道なき茨道を超絶幸せに爆走する生き様を。

考えるな、感じろ!

f:id:uuvum35:20180616164202p:plain

 

 

Don't think, feel

 

私はこの言葉がすごく好きです。

「考えるな、感じろ」という意味ですね。

 

大好きなUVERworldの曲のタイトルで知り、この言葉が好きになり、いつも何か迷った時に聴くようにしていた曲です。

元はブルース・リーが映画「燃えよドラゴン」でいった有名なセリフのようです。

 

 

考えすぎると物事はうまく行かなくなる

私はよく考え事をします。

周りの人から「かんがえすぎだよ!」ってよく言われるほど。

 

ちょっとした出来事も考えてその裏の裏まで考えて、悩んだりします。

本当にこれでいいんだろうか、他の道はないのか、とかもよく考えます。

 

きっとこれだけ考えるのは、

最善の正解を選びたい

という私の感情からだと思います。

 

 

「失敗したくない」

「傷つきたくない」

そう強く思っているからこそ、正解を求めてずっと考え続けてしまいます。

 

ただ、私の経験上、考えれば考えるほど何事もうまく行かなくなります。

考えるほど、どんどん思考はネガティブになりプラスの解決策なんて全然でてこないのです。

 

考えただけ、行動もできなくなるし不安が募る一方。

ずっと同じ思考がぐるぐると頭の中で回って、結局ネガティブな結論に至って、ドツボにハマっていってしまうことが多かったように感じます。

 

 

未来をネガティブに決めつけているのは自分

考えすぎてしまっている場合、

その考えている内容の大半が未来のことです。

 

自分にも誰にも分からないのに。

まだ何も起こっていない未来が、ネガティブな結果になるんじゃないかって勝手に自分で決めつけて、勝手に不安になって考えている。

考えてより不安になる。

今の決断ができなくなってしまう。

 

考えすぎた結果、どうしたらいいか分からなくなって

「もういいや。」

って行動するのをやめたり、自暴自棄になってしまう。

 

 

こうやって見ると不思議ですよね!

 

 

まだ何も起こってないのに(笑)

 

 

自分が勝手にネガティブな結果になることを想像して心配しているだけなんです。

 

 

 

正しい答えなんて存在しない

未来が分かる人なんていません。

ということは、絶対幸せな未来が待っている選択というのは存在しないのです。

 

つまり、

「正解はない」ということ。

 

どれだけたくさん考えても、悩んでも、結局正しい答えなんてわからないんです。

 

「失敗したくない」「傷つきたくない」って思っていろいろ悩んで出した答えでも、結果的にはつらい結果になるかもしれない。

だからまぁどれだけ考えたところで実際には時間の無駄になることも多いということです。

 

 

「考える」よりも「感じる」を大切に

人は忙しい日々の中で、毎日たくさん考えることがあると、

自然に感じることを忘れてしまいがちです。

 

例えば、通勤中歩いている時に地面の感覚を感じたり、風を感じて歩く人なんてすくないですよね?

何か考え事をしていたり、無心で歩いていたりすると思います。

 

ちゃんと感覚はあるのに、それが当たり前になりすぎて、何も感じなくなってしまうのです。

 

 

私自身もよくあるのですが、

「活きる」ことに必死になっている時は「生きる」ことを忘れてしまうのです。当たり前すぎて何も感じてないことが多くあります。

 

食事をしながら他のことを考えます。

すると、ちゃんと味や触感を感じることがなくなります。

頭の中がいろんなことでいっぱいの時は

自分のことを大事にすることを忘れてしまうのです。

 

 

でも、どれだけ考えたところで正解は分かりません。

ただ、同じ答えが自分の世界の中でループしてしまうだけ。

そうなると頭がいっぱいで苦しくなってしまいます。

 

 

大事なのは「感じる」ことです

 

 

「傷つきたくない」と思い、考えすぎている時は自分の本当の気持ちにも気づかないようになってしまっています。

自分が本当はどうしたいのか、分からなくなってしまうのです。

 

だからそういう時は今自分が五感で感じているものに目を向けます。

考えることを一度やめて、感じることに意識を集中させます。

 

意外と答えは自分自身がもうすでに分かっているのです。

ただ、自分を守るために気づかないようにしていただけで。

 

 

 

自分の感覚を信じることで未来は変わる

考えすぎて答えが分からなくなってしまう原因として

「傷つくことを恐れる気持ち」

だとこれまでお話ししました。

 

これは悪いことではありません。

自分を守るために、働いている思考です。

 

ただ、そう思ってしまっているということは

「自分の感覚に自信が持てていない」

ということになります。

 

 

 

だから、まず怖くても

「自分の感覚を信じてみること」が重要です。

 

本当に自分が感じていることを優先してみる。

ごちゃごちゃ考えるよりも信じて踏み出してみる。

 

起こってもない未来を心配してもしょうがないんです。

信じて踏み出してみないと何も変わらない。

 

「自分ならきっと大丈夫だ!」

 

そう信じて自分の本当の気持ちに素直に、まっすぐ歩いてみると簡単に自分の望む未来は訪れます。

 

 

何度間違ったっていい。

進むときには、たしかに不安もいっぱいあると思います。

 

でも間違ってもいいんです。

「間違ったという経験」を得ただけだから。

次に同じことにならないよう、成長するだけです。

 

考えて打算的に行動するより、自分の気持ちに素直に行動した方がきっと後から後悔することも少ないんだと思います。

 

 

 

たとえ、100万回間違ったとしても。

 

 

素直にまっすぐ自分の感覚を信じる方が幸せだ。

 

 

 

考えすぎてネガティブになってしまっている人は、

一度考えるのをやめて自分の心に素直に、

自分ならなんとかなるって信じて

まずは一歩目を踏み出してみませんか?

 

 

過去のおススメ記事はこちらから

 

www.saori-arisu.com

www.saori-arisu.com

www.saori-arisu.com

www.saori-arisu.com

www.saori-arisu.com