さおたむの激情派劇場

道なき茨道を超絶幸せに爆走する生き様を。

「ある」魅力を発揮して、周りの人を愛する生き方

f:id:uuvum35:20180617164827p:plain

 

最近、変わる決断をして毎日全力疾走で走り続けているありすさおりです!!

 

 

今が頑張り時だって思ったから

「死ぬ気でやって変わらないわけがない」

「ぶっ倒れるまで本気でやる」

って決めてやっていたら、本当に熱出しました(笑)

 

自分でもびっくり(笑)

 

いつもだと熱出たりするともう何もやる気が出なくてしょうがないのですが、なんだか今はエネルギーがあふれていて全然きつくない(笑)

第一志望の企業の面接にいって、家で適正試験も受けて、今ブログを書いています。

この後も資格の勉強やら、家事やら、仕事やら。

やることいっぱいで休む暇がない(笑)

 

けれど、意外とこの忙しい日々も楽しいなぁなんて思っています。

 

 

自分の変化に自分も周りも気付きだした実感

変わろうと決断して、10日が経ちました。

振り返ると、まだ10日しか経ってないのかって思うくらい、自分自身が自分の変わりように驚くくらいめちゃくちゃ感じる毎日を送っています。

 

再就職のための就職活動もはじめて、

家事をちゃんと毎日こなすようになって、

資格の勉強も順調にすすめて。

 

何だかなんでもポジティブに考えるようになり、

周りの人に感謝することが増え、

感情の起伏がだいぶ落ち着いて、

毎日暇な時間がないくらい忙しくなって、

何もない日常が楽しいって思えるようになりました。

 

 

 

何かエネルギーが自分の体からどんどんあふれ出る実感があるような・・・(笑)

 

 

 

その中でだんだん周りの反応も変わってきました。

 

 

周りの人から声をかけられることが増えたり、

ポジティブな意見をもらえたり、

素敵だねって言われることが増えたり、

高く評価してもらえることが増えたり、

めちゃくちゃ応援されたり。

 

 

本当にありがたく感じています!!

 

 

全部元からあった自分の魅力

そんな中、昔からの友人と話すと、

「その方がさおりらしくていいね!」

と言われることが多くなりました。

 

私からすると、

「いやいや、今別人に変わろうと思って頑張ってるのに!!」

って思ってしまうんですけど(笑)

 

私が変わったと思っていた自分は昔からの私らしい私らしいのです。

 

 

素直に思ったまま全力疾走して

誰かの為ならどれだけでも頑張れて

忙しそうなのにキラキラしていて

いつもなぜか楽しそうで。

 

そんなイメージのようです(笑)

こうやって見るとなんか本当に単純なあほって感じ(笑)

 

そんな私は自分が思っていたより周りに高く評価されていたってことに最近気づきました。

 

 

振り返ると、最近の私はいつも人の目ばかりを気にしていました。

 

大切な人に嫌われたくない。

大事にされる存在でありたい。

周りの人にいいふうに思われたい。

ちゃんとしてるって思われたい。

魅力的な人に見られたい。

 

 

ほとんどが「不安」「恐怖」というマイナスな感情で動いていました。

だからどんだけ頑張っても不安がつきまとっていた。

そして大切な人を大切にできなかった。

そんな自分が嫌いで、嫌でしょうがなかった。

 

 

 

じゃあ会社を辞めて1人で動き出した時、

どうだったかなって考えると全く真逆でした。

 

 

人にどう思われるかよりも自分がどうか。

バカにされてもいい。失敗してもいい。

自分がやってみたいと思った気持ちを優先する。

誰かを大切に、幸せにできる生き方をしたい。

自分には価値がある。必ずできる。

 

 

もう極端に言うと、

批判されても嫌われてもかまわない。

その人には私の魅力が分からないだけだから

とまで思っていました(笑)

 

 

今はその状態に戻ってきたって感じです。

 

 

 

傷つく覚悟をすると自分らしくいれる

あの頃、自分が一番わかっていたんです。

「こんな生き方を理解してくれる人の方が少ない」って。

 

 

だって月収30万円+歩合をもらいながら

1年半で役職にもついていて

最高の上司がいる会社を2年でやめて

貯金もないのに自分1人でやる選択をした。

 

意味が分からない選択だし

こんな若造に何ができるんだっていう方が普通だし、

理解できないで当たり前な生き方だから。

 

 

その時の私は

傷つく覚悟も傷つける覚悟もできていた

 

批判されることも、嫌われることも、人が離れていくことも

周りの大切な人に心配をかけることも。

 

全部ひっくるめて受け止める覚悟をしていたからこそ、

私は私らしく輝けていたんだと思います。

 

 

 

最近の私がそれをできなかった理由は

 

大切な人を大切にできない自分に自信がなかったから

 

いつも大切だと思えば思うほど、傷つけてしまう。

そんな自分が嫌いで、今度こそちゃんと大切にしようと思いすぎてしまった。

傷つけるのが怖くて、疑われるのが怖くて。

相手に時間を使うことが1番で、その他は2の次で。

 

こんな自分だから疑われて当たり前だから。

こんな自分だから他の人より尽くさなきゃ。

嫌われないように、離れていかないようにって。

手を離せなかったんです。

 

 

自分が傷つく覚悟も相手を傷つけてしまう覚悟もできなかったんです。

 

 

覚悟を決めて自分らしく生きてみる

結果的に、そう一生懸命になったことで、相手を苦しめて傷つけてしまいました。

 

そのことをずっと考えていて気付いたこと。

どう生きてたって傷つくし、傷つける

これはしょうがないことなんだなって。

 

誰かと生きるってことはそういうこと。

だけど、1人きりで生きるなんて選択は誰にもできない。

だったらもう覚悟を決めて自分らしく生きた方がいい!!

 

 

誰かに嫌われるのを恐れるより、

誰かに好きになってもらえるような生き方を。

自分が自分を魅力的に思える生き方を。

 

 

そうしていると、自分がいつもいい気分で過ごせます!

そんな自分を魅力的だと言ってくれる人が、自然と集まってくるものです。

 

自分らしくイキイキと生きていると自分自身にも余裕が生まれます。

余裕ができると周りの変化にも気づけるし、周りの人も大事にできるのです!!

 

まずは自分自身を幸せで満たす。

プラスの気持ちで満たす。

 

いっぱいいっぱいでカリカリしている人といて楽しい人なんていませんから(笑)

 

みんな楽しそうで、一緒にいたらワクワクするような人と一緒にいたいと思うはずです!!

 

 

「ない」と自分が思っていただけ

そう生きてみると、意外と自分は元からたくさんの魅力を持って生まれているということに気づきます。

 

ここ最近の私は

「私には魅力がない、だから頑張らないと!」

って必死になっていました。

 

だから苦しかった。

そして周りの人を苦しめてしまった。

 

 

でも気づいたら十分にあったんです、私にも魅力!

それを忘れて、ないと自分が信じ込んでしまっていただけ。

 

 

そのことを最近、周りの人たちから教えてもらったように思います!

本当にありがたい。

 

 

だから、

面接とかに行くときも無理をして自分を大きく見せようとすることをやめてそのままの自分で勝負しに行っています。

そうすると自分が思っている以上に高く評価していただいています。

 

誰かと会う時にも今までみたいに自分を必要以上に服などで飾って出るのをやめて、思い切ってTシャツとデニムで出てみました。

それでも魅力的だね、素敵だねと言ってくれる人がいることにも気づきました。

 

 

あぁ無理に頑張らなくても、素直な自分でいることが1番いいんだなって。

 

本当に心から思えるようになりました。

 

 

「ある」ものに磨きをかけるため

ただ、私自身、現状維持でいいとは思っていません。

だから今やり始めたこと、継続して頑張っていこうと思ってます。

 

でもそれは

「ない」から補うために頑張るわけではなく、

「ある」魅力をもっと磨くために頑張る

わけです。

 

 

同じことをするにしても

「ない」と思って必死になるのと、「ある」ものをより輝かせるために夢中になってするのでは、自分が感じるものも成果も全く変わってきます。

 

「ない」と思っていた時は苦しくてしょうがなかったけど

「ある」と思っている今は本当に楽しくて夢中でやっているだけなのです。

 

毎日少しずつ変わって前に進めている自分が嬉しいし、充実感がとってもある。

 

 

1つ視点が変わるだけで同じ行動に対する感情がこんなに違うんだと、自分でも驚くほどですね!!!

 

 

自分のこともだんだん好きだと思えるようになりました。

だから傷つく覚悟も傷つける覚悟も自然とできるようになった!

 

なんだか毎日とっても楽しい!!

 

そうなると、周りの人にも優しく接する余裕がでてきました!!

 

 

この状態が本当に大切なものを大切にできる状態だと思います。

 

大切な人を本当に愛するには、

まずは自分自身を大切にすること。

自分の魅力があることに気づくこと。

 

たったこれだけで現状が変わってきます。

 

 

他のおススメ記事はこちらから

 

www.saori-arisu.com

www.saori-arisu.com

www.saori-arisu.com

www.saori-arisu.com