さおたむの激情派劇場

道なき茨道を超絶幸せに爆走する生き様を。

自分を傷つけた人を無理に大切にしなくてもいい

f:id:uuvum35:20180626205427p:plain

こんにちは!さおたむ(@arisu_saori)です!

 

私は本格的なあほです。

以前も書きましたが、いつもあほすぎるほど人の事を信じます。

 

 

信じて手のひらを返されることもたくさんありました。

それこそ付き合っている時に浮気され、その男が捕まり、地元の仲間もみんな見放して親までも見放していたのに、それでも信じて待ち続けたこともありました(笑)

 

今となれば全部笑い話ですが(笑)

 

何度裏切られたって人を信じたい

本当に学習能力がないのかもしれませんが、私は何度裏切られたって何度傷つけられたって人を信じます。

また傷つくかもしれないって怖がりながら、いつの間にかまた信じてしまうんですよね(笑)

そのたびに酒のつまみになるおもしろい話が増えているし、いろんな経験をしてきた分、24歳とは思えないと言われることもあるのでありがたい話ですが。

 

私、人のいいところを見つける天才なんです。

 

その観察力でめちゃくちゃ悪いところもいっぱい発見してしまうんですが(笑)

 

 

何が起こったところで、そのいいところを誰よりも知っている分、そのすべてをもってこの人は信じれるって思ってしまうところが悪いところです本当に(笑)

 

傷ついた時はいつも

「もう信じない!!!」

て思うけど気づいたらまた信じています。

 

もうどうあがいても信じてしまう正真正銘のあほなんだなと思って自分のそういうところはあきらめることにしました。

 

 

信じると期待してしまってつらい

でも実際、信じるってかなりきついです。

信じていれば裏切られることも増える。

信じる気持ちが深い分、傷は深くなる(笑)

 

前、結婚する予定になった彼氏がいて、「絶対離れない」とずっと言ってくれていて、その言葉を本気で信じたからこそ、フラれて結婚がなくなった時、もうただただ傷つきました。

別れ際に「正社員になったら戻る」と言われて、その言葉を信じて今まで進んだ分、それを期待してしまって、再度告白して、何の返事もないとしんどくなる。

 

そんな中途半端なこと言う奴じゃないし、きっと大丈夫だって信じてるからこそ、つらすぎて泣きたくなる。というかもうめちゃくちゃ泣いた(笑)

 

 

信じるってどうしても「期待」という感情が一緒についてきてしまうから、

どんどんしんどくなるし自分の首を自分でしめてしまう。

 

相手のこともたまに責めたくなっちゃう。

でも信じていたらそれもできないくて1人で苦しくなる。

 

 

信じたのは自分。期待したのも自分。

けれど実際

相手は何も悪くないんです。

 

信じるって決めたのは誰?

こうしてくれるんじゃないかって勝手に期待したのは誰?

って話。

 

全部自分。

 

自分が信じるって決めた

自分がこういう人だって信じたかった

自分がそうしてほしいって期待した

 

ただそれだけのこと。

 

それに誰かの行動をあてはめようと思ったらそれこそ自分が苦しいだけなんですよね。

そんな行動は自分も苦しめるし、その相手すらも苦しめる。

 

 

結局自分が怖かっただけだった

その大好きな彼氏との結婚が急になくなり、別れが訪れた時に自分を省みていろんなことを考えたんです。

 

私なんでこんなに焦って相手の気持ちを取り戻そうとして、たった2週間で再就職したり、次に進みだしたりして。

なんでこんな急いで頑張ってるんだろうって、すぐに戻ってきてくれないかって期待してるのかなって。

 

 

 

 

結局、怖かったんです。

相手の気持ちが時間ともにより自分から離れていってしまうことではありません。

 

自分の気持ちが変わってしまうことが怖かったんです。

 

私自身は次に進むと決めたらどんどん進んでいって変わっていってしまうから、相手のことを完全に信じれない人だって判断してしまったら、もう過去のことにして前に進んでしまうから、自分の相手に対する気持ちがなくなっちゃうのが怖かった。


自分が好きだった人が、結婚しようと思った人が、くそ野郎だったとか思いたくないじゃないですか。素敵な人だって信じたいから。


信じるためにはそのことを現実にしないといけないって思ってたんです。
だから早く信じたくて、信じれる人だよって信じたくて、自分が見切りつけてしまう前にって焦って。

1人で空回りして勝手に傷ついていました。

相手は何もしてないのに(笑)


そんな一人コント状態だったこと気づいた時に自分あほだってなりました(笑)

 

 

傷ついた自分を大事にしていなかった

その失恋の後、私はすぐに反省して、現状を変えようと躍起になって、自分のこと責めまくっていたので大事なことを忘れていました。

 

私だって傷ついた

という事実です。

 

信じるって決めていた分、こうなった結果についてはしっかり傷ついていた。

いくら自分にも悪いところがあったとしても、自分が傷ついたことだって変わらない事実だった。

 

それなのに自分が悪いからって思って、傷ついてる暇ないって、傷つくことも忘れて即効走り出してたんです。

私が変わらなきゃって。

 

でも傷ついてるんです事実。

もう複雑骨折とか骨盤骨折とかそんなレベルで(笑)

 

それなのに走ろうとしたらそりゃ傷はよりひどくなるばっかりです。

そんな当たり前のことにも、夢中すぎて気づきませんでした。

 

まずは認める。じゃないと進めない。

進もうとすることは大事です。

でも進む前に認めないといけない。

自分もケガしていること。

 

私だって傷ついた。

私だって傷つけられた。

 

いいんですよ、そう思ったって。

 

たしかに私も傷つけたし、きっとつらい思いいっぱいさせた。

けれど、私もきつかったしつらかった。

 

本気で信じていたから。

 

急にそれが絶たれて、前が見えなくなった。

真っ暗で、景色がにじんで、体も傷だらけなのに、まだ信じて、頑張って、報われなくて、もうボロボロな自分。

 

頑張ったねって。

よく足を止めずにここまできたねって。

すごいよ私って。

 

 

 

そうやって認めた時にもしも涙が止まらなくなったら、それは無理しすぎという自分からのSOSですから。

一度足を止めましょう。

たくさん傷ついた自分を許して、泣いて、優しくして、癒してあげましょう。

 

 

無理に大切にしなくてもいい

 

無理に頑張らなくてもいい。

無理に変わらなくてもいい。

私だって傷ついたんだから。

 

もう相手を信じなくたっていい。

無理に大切にしなくたっていいんだ。

 

 

自分を傷つけた信じた相手が、本当は最低なくそ野郎だったとしてもいい。

自分の相手に対する気持ちが変わってしまったっていい。

 

 

どっちだっていいんです。

自分がしたいようにすればいいんです。

 

だからどうせ頑張るなら

誰かの為にではなく自分自身の為に

自分が素敵な自分になるためだけに。

自分が幸せになるために。

 

どうせ走るならその為に走りましょう!

 

自分を許せると人も許せる

信じたいっていう気持ちがある時は傷がつらすぎてどうしようもなくなるし、相手に期待してしまってよけいつらくなるものです。

 

でもどっちでもいいって思ったら自分の気持ち自体が楽になります。

 

もし傷つけた相手が自分から離れていったところでどっちでもいい。

私だって好きに選ぶんだから。

 

もしその相手ががもう一度私のところに戻ってきたとして、その時には私の気持ちはその相手とは一緒にいたくないってなってしまっていても。

別にそれはそれでもいいんだ。

 

本当にお互いにとって必要な人だったら、どれだけ時間がたとうが、何がその間にあろうが、必ずまた導かれて近くにいることになるんだから。

 

だから無理して大事にしようとしなくていい!

そう思えた時に、やっと本当の意味で自分も相手も大切にできるようになれるんです

 

結局、どっちでもいいが最強(笑)

 

それくらい気楽に生きていいんです。

 

 

今日から自分が輝くために生きよう

時間は有限です。限りがあります。

 

時間とは命です。

 

だからこそ誰かの為にではなく

自分が輝くために、楽しく過ごすために使いましょう。

まずは自分に余裕がないと本当の意味で誰かの為に行動することはできません。

 

例えば、失恋した時とか

「相手を見返したい!」

「相手に後悔させたい!」

とか思って必死に頑張る人もいると思いますが。

 

あなたはその相手に復讐をするために生きなくていいんです。

あなたの為だけに生きてください。

 

 

 

 

焦点は自分が傷つけられた分を相手に返すことではなく、「あなたが幸せになること」に当てましょう。

 

あなたが最高に幸せに生きて、より素敵になって、そんな相手を忘れるくらい充実した毎日を送れば、もっと素敵な方と出会うことができますから。

 

今日から、というか今この瞬間から、自分を傷つけた相手のためではなく、あなたの幸せの為に生きて、より素敵な人になってくださいね。