さおたむの激情派劇場

道なき茨道を超絶幸せに爆走する生き様を。

読書をするメリットとは?|社会人こそ自分の為に本を読もう

 

f:id:uuvum35:20181120162803p:plain

 

こんにちは。ありすさおり(@arisu_saori)です! 

 

皆さん、読書していますか?

活字離れが激しいといわれる現代、忙しい社会人の方こそ読書はあまりできていないという方が多いのではないでしょうか。

私は昔から本が好きで、活字中毒なので、今でも一週間に1冊ほどは本を読みます。

本を読むことは本当にメリットしかないと思っているし、私は社会人こそ本を読むべきだと思っています。

 

そんな私が読書をすることのメリットについてお話しようと思います。

 

 

読書によって得られるメリット

1.自分の知らない体験・考え方を学べる

例えばビジネス本であれば、いわゆる成功者といわれる人たちやその人を取材した人たちがその成功への道のりや経験について語っていることがほとんどです。

私たち社会人は基本的に毎日仕事があり、経験できることは時間的縛りがあります。

しかし、本を読むことによってその人が何十年間もかけて成し遂げてきたこと、そこに至るまでの考え方がたった数時間で知ることができます。

 

何も分からない状態で手探りでやるよりも、もうすでに成功している人の方法を知って挑戦する方が絶対的に効率がいいとは思いませんか?

 

 

例えば、ホリエモンみたいになりたいと思った場合。

 

堀江貴文さんの本を読めば、ビジネスについての考え方やお金の価値観等いろんな本を出しているので、その中の言葉からどのような発想や思考でその地位に辿りついたのかを知ることができます。

 

重要なのは、何をしてきたか、よりも

「どんな思考でそこに行き着いたのか」を知れることができるということです。

それが分かれば、自分が壁にぶつかった時、それを乗り越えるための考え方の枠組みができるわけです。

それを活用して自分なりに考えれば、よりよい方法が見つかると思います。

 

 

2.視野が広がり、発想が豊かになる

世の中にはいろんな人がいます。

けれど、時間がない社会人はそんなに多くの人に会うことは厳しいと思います。

また、ほとんど毎日同じ人と会い続けて、同じ人と会話をしていると、その人たちと描かれる世界だけで生きていることになります。

 

しかし、本を読めばいろんな人の価値観・考え方に出逢えます。

それこそ、小説であれば、小説家の人の考え方にも触れることができると同時に、その中で出てくるいろんな登場人物の感情や心の移り変わりにも触れることができます。

 

1週間に1冊読むだけでもだいぶ多くの人に出逢うことができると思います。

しかも読書だとわざわざ人に会いにいかなくても出会うことができるので、通勤時間や休憩時間など少しの時間でいつでもどこでも新しい世界観ににふれれるので、体力の消耗もないので、忙しい人向けの方法だと思います。

 

 

 

 

 

 

そうすることによって、日常生活で自分と全く違う感性、考え方の人に出逢った時でも、より柔軟にその意見を受け入れられると思うし、より豊かな発想力をもって対応ができるようになります。

 

 

 

3.想像力が高まり、イメージ力が上がる

人間は自分がまったく知らないことをイメージすることは難しいです。

私はいつも自分の夢や目標を叶えるには、より具体的で明確なイメージを持つことが重要だといっていますが、まずそのイメージを作るには豊かな想像力と想像するためのキーワードが重要になります。

 

 

 

 

 

本とは、活字しかないため、搭乗人物の顔もその格好も、情景もすべて自分で想像しないといけません。

本を読みながら何もないところに自分で景色を作っていくトレーニングを積むことで、自分が何か叶えたい夢を具体的にしたいと思った時にそのイメージをより鮮明にするのがとても簡単になります。

 

 

 

4.自分で考えて決める癖がつく

サラリーマンはたくさんのものを搾取されていると私は考えていますが、その中でも最も重大なものは思考力です。

 

 

 

 

 

 

仕事において、全部を自分で考えて決めるというのは、組織の中にいるといつもできるわけではありません。

けれど人生においては、自分で考えて決断しなければいけない場面がたくさんあります。

 

読書中というのは、一方的に誰かの考え方をひたすらに投げかけられ続けます。

だからこそ、反論して討論することもできないので、ただ自分の中でいろんなことを考えることができます。

読書をしていると、本の中からいろんな言葉を得ながら、自分の考えを確立していくことができるので、自分が何か決断しないといけない状況でたくさんの引き出しを持つことができるので、読んでいないときよりもその速度が速くなります。

 

 

 

いかがでしたか?

読書とは、人生をより豊かにするのに重要で簡単なツールです。

「時間がない」と思っている人もいると思いますが、自分の生活を見直してみると、ただスマホを見ていたり、SNSを扱っているだけのようなあまり有意義ではない時間って意外とたくさんあるものです。

その時間を少し読書にあてるだけで、人生が豊かになる知識や経験を得られるならこれほどいいことはないと思います。

 

あまり読書をしていない人は最初は薄い簡単な本からでも手に取って読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

↓↓いいと思ったらクリックお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

おススメ記事紹介

▼現在行っているサービス

 

▼前回記事

かけがえのない親友が教えてくれた人生で大切なこと - はぴねすくるー

 

▼おすすめ本紹介

妄想が人生を変える。「必ず成功する例外思考」(斎藤一人)を読んで。 - はぴねすくるー

 

▼人気記事