さおたむの激情派劇場

道なき茨道を超絶幸せに爆走する生き様を。

後悔しない人生を送るために必要なたった1つのこと

f:id:uuvum35:20181128150620p:plain

 

こんにちは。ありすさおり(@arisu_saori)です。

 

突然ですが、私は人生で後悔してることが1つもありません。

「もしタイムマシンがあってどこでも過去に戻れるとしたらどこに戻りたい?」と聞かれてもどこにも戻りたくありません(笑)

 

だってまず大前提に後悔していないから戻らなくていいし、もう経験したこともう一度やり直すのって全然おもしろくないじゃないですか(笑)

 

けれど、私の周りもそうですが、戻りたい過去がある人って結構多いようですね。

 

だから今回は全く後悔のない人生を送る私が、後悔しない人生を送るために必要なたった1つのことをお話しようと思います。

 

 

なぜ後悔が残るのか

まず最初に、後悔してること・戻りたい過去を想像してください。

では、どうしてそこに戻りたいのでしょうか。

考えてみてください。

何を後悔していますか??

 

 

では、もし戻れたとして何を変えればよかったのでしょう。

「あの時ああしていれば…」

どんな今があったと思いますか??

 

もはやパラレルワールドみたいな話ですが。

 

 

 

 

現状に不満があるから後悔する

「あの頃に戻りたい」と思うということは、あの時に違う選択をしていれば、現状はもっとよくなっていたはずだ、ということですよね。

 

つまりまず現状に不満があると。

そしてあの頃違うことをしていれば、こんな現実は目の前に現れなくて、もっとHAPPYな今があったと。

だから後悔しているんじゃないでしょうか。

 

それなら大丈夫です。

もし戻れたところで、違う選択をしていたところで、大して現実は変わりませんから(笑)

 

 

あの頃はそれが精一杯だっただけ

現在から過去を振り返るというのは自分の記憶を辿る行為です。

記憶とは、本当に曖昧で、自分の都合のいいように年月とともに勝手に捏造されていきます。

だからきっと忘れていることもたくさんあるんじゃないでしょうか。

 

今、記憶の中の過去を辿れば「やり直せばもっとよくなる」と思うかもしれませんが、その時はその時できっといろんなことがあったんです。

 

 

 

その中で精一杯できることがそれだったわけです。

きっと戻って「もっとこうしたがいいよ!」と言ったとしても、その時の自分には理解できないこととか、他の選択をやる余裕とかないんですよ。

 

 

現状を楽しめない奴は何しても一緒

そしてそれ以上にもっと重要なことがあります。

現在に不満があるから過去に戻りたい、後悔してると思うという話を先ほどしましたが、今に満足できていないということは、何をしたところで不満を抱きます。

 

今楽しめないんだったら、何かが変わったとしてもすぐにまた「不満足だ」「もっとこうだったら幸せなのに」ってすぐ言い出しますから。

 

 

 

 

だから目の前の現実がどれほど変わろうが、その思考が変わらない限り何したって一緒なんです。

何でも面白がれる人はどんな状況にいたって、自分で楽しむための材料を拾ってきて楽しみますから。

 

 

変えられない過去は正当化する

どれだけ後悔したとしても、過去は変えることができません。

どうしていたらよかったかなんて考えたところで、終わってしまったその出来事は1つたりともやり直すことはできないのです。

 

だったら、その変えられない事実を自分がどう解釈するのかが重要になります。

 

そこで過去を後悔しない為に必要になるのは

「正当化する能力」です。

 

どんなことが起こっても「あのことがあったから今の自分がある」とか「いい経験になって学びになった」とか。

どうせ変えられないのなら、自分の都合のいいように解釈してしまえばいいだけなのです。

 

 

結婚がなくなったけれども、よかったと思える

私は今年の6月、結婚しようと話をしていた彼氏に突然ふられました。

その時は本当に傷ついたし、立ち直れないかもしれないとも思ったし、人間不信にもなりかけました。

 

けれど、今はあの時結婚しなくてよかったと心から思っています。

それにそのような出来事がなければよかったとか、その相手と付き合わなければよかったとは全く思っていません。

 

その事実自体は哀しい出来事だったけれども、一緒にいて楽しかったことには変わりないし、その出来事のおかげで自分の生活や考え方を見直すいいきっかけになったと思っています。

 

 

 

 

だからいい経験にもなったし、そのおかげで今の私がいて、もっと成長していける環境にもあると思うので、今ではその出来事に感謝しているほどです。

 

 

正当化するには精一杯今を生きること

このように、自分の都合のいいように解釈をしていければ、後悔している出来事なんてなくなるので、正当化する能力っていうのは結構重要です。

 

正当化して後悔ない人生を送るためには

今を精一杯生きること

が必要になります。

 

どれだけ頭の中で正当化しようとしたとしても、現状に対して不満を抱いていれば、「あのことがあったから今の自分がある」なんて思えないじゃないですか。

けれど、今というこの瞬間を精一杯に生きていれば、今の自分のことを好きでいられるんですよ。

もちろんそこに結果が伴っているかどうかは全く関係ないです。

 

 

 

 

それに本当に今で精一杯になれば、過去のことを振り返って後悔するために時間を使うより、もっと楽しくなるために時間を使いたいと自然と思うはずです。

 

 

現在は未来から見れば過去

今という瞬間は絶え間なく流れていき、すぐに過去となっていきます。

現在は未来から見れば大事な過去なのです。

 

だとすれば、現在を一生懸命生きれば、将来的に振り返って過去を後悔することはなくなりますよね。

 

大事なのは周りから見てどう見えるかではなく、自分自身が精一杯やっていると思えることです。

基準は他人ではなく、すべて自分で定めることができます。

 

 

後悔しないために今できることを

後悔しない人生を送ることは簡単です。

全部自分自身だけで作り出すことができるし、今すぐに取り組むことができます。

明日死んでも後悔のない人生を送るためにも、今を精一杯に生きてみてください。

 

ただただ流れる時間を眺めているよりも、とっても楽しい人生になりますよ。

 

 

 

▼毎月5名限定の無料相談やブログでは話していないお話を配信中!

 ↓ 友だち追加をクリック

友だち追加

 

↓ この記事がいいと思えばクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

こちらも合わせてどうぞ

▼現在行っているサービス